40年間の無駄な時間

パチンコを行かなくなってから40日が経過しました
正直今回は手応えがあります
パチンコに対するどうしても行きたいという気持ちは全くありません
とはいってもそんな気持ちになったのは初めてではないので
どこかのきっかけで1度でも行ってしまえば
同じことの繰り返しになるのだろうと思います
ただ現状はパチンコに行くと言う自分自身の行動の選択にはありません

 

最近では夕方からはYouTube で自分の仕事に対する
関連の勉強をしているのでむしろそっちの方が楽しくて仕方がありません

 

そうなってくるとそれこそ今まで40年以上もパチンコに費やした時間が
いかに無駄だったのかということが身にしみて分かります
50何年も生きてきてそのうちの3割4割はパチンコに
潰してしまったのではないだろうかと最近よく考えています

 

人はよく年を取ってくるとあと10年若かったら
なんて言葉をよく口にします
僕も実際あと10年若かったらなんて思ったりします
でも悲しいことに人は若返ることはできません
でも考えようによってはこれから十年先に
もしまた同じようにもう10年若かったらと愚痴を言っていたら
その時の10年若いのは今の自分なんです
10年後にそんな愚痴をこぼさなくてもいいように
今をしっかり生きていくことが
10年後の自分にしてあげる最良の方法だと思います

 

だからパチンコなんてしている暇はないんですよ
今までも月日は早く過ぎていきました
これから10年なんてあっという間です

 

確かにもっと若いうちに気がつけば良かったのですが
今が手遅れではないと信じてパチンコからは完全に身を引きます