依存症を克服するには依存症しかないんです

以前にもブログでお話ししたのですが依存症を克服するには
より強い依存を持ってくるしかないんです

 

僕は異常なほどのヘビースモーカーでした
1日百本以上は当たり前で手は黄色くなり
胃痛に悩まされ毎日何袋も胃薬を飲んでいました
そんな僕がタバコをやめることができたのは競馬でした
馬券を買うためにお金が必要になりその馬券代を捻出するために
タバコを辞めざるを得なかった

 

これは結局タバコの依存に対して競馬への依存がより強かったということです
何十年も続けてきたタバコよりも始めたばかりの競馬の魅力に取り憑かれ
絶対止めることができないと思っていたタバコをやめることができたわけです

 

しかも僕はタバコをやめるのに2週間程度しかかかっていません
そしてあれから30年一度もタバコを吸っていません
人間には何かしらの欲求がありその要求が強くなれば
それが依存として残っていくと思います

 

以前は決して悪いことではないと思いますがあまりにさの依存が強くなると
日常生活に支障をきたしてしまうわけです
ギャンブルや飲酒は当然費用を伴います
過度な依存はその費用は莫大な金額にさせてしまうわけですから
当然日常生活に支障をきたしてしまうわけです
日常生活に支障をきたさないお金の面で心配しなくてもいいような依存であれば
それは単なるこだわりであったり趣味として楽しめば良いのではないでしょうか?
ですからパチンコも決して悪いものではないんです

 

自分で費用を抑えて遊べる範囲の中で何の問題もないわけです
僕はパチンコに対して悪いことばかりをつぶやいていますがパチンコが悪いのではなく
結局はそれに取り付かれてしまった自分が一番悪いわけです
緊急事態宣言の時に隣の県まで行ってパチンコ打ってみた
パチンコユーザーもいましたが僕はそこまでではないです

 

近所のいつも行ってるパチンコ屋に行ってしまうだけでした
だから自分でも気が付かないうちに少しずつパチンコから
依存が薄れてしまっているのは確かだと思います
たぶん死ぬまでパチンコのことが頭から離れることはきっと無いんだと思います

 

でももうパチンコに振り回されるの嫌です
何か新しい依存を見つけてみてはいかがですか?