誘惑の連休

なんだかんだでパチンコやめて13日目です

 

以前にも話をしている誘惑の仕事が休みの日がやってきました
しかも連休です

 

昨日の夜から財布の中に入っているお金は3000円しかありません
なのに依存症の僕は1円なら12000円分打てると思ってしまうんです

 

少しでも増やすことができるのではないかと頭の中を激アツの文字が離れないんです

 

まだ連休の初日です
何をしたらいいのか?どうやって過ごしたらいいのか?分からないんです

 

あまりにパチンコだけに時間を費やしてきたので
何をしたらいいのかわからないのです

 

パチンコは僕からお金を奪っただけではなく
時間はもちろん友人もなくしました

 

誘ってくれる友達に言い訳をして断ったりパチンコに使うお金を借りたまま
音信不通にしたり嘘ばかりついています

 

どうせ周りから友達は離れて行きこの歳で友人と言える友人がいません
だから今のような状況で時間があっても一緒に遊んでくれる友達がいないんです

 

前から話しているようにトータルでお金は3千万以上失っています
しかしそれ以上に無駄にしたのは時間です

 

人生数十年のうちパチンコのようなくそ遊戯に大切な時間を費やしたんです。
二度と帰ってくることはありません

 

鯛の前に座りただひたすらガラス面を眺めるだけ。
自分の力ではなくただ漠然と偶然を期待して大切な時間とお金を失っていくのです

 

確かに昔に比べてパチンコ屋自体は減っています
ホールで遊んでいる人の数もかなり減りました
年齢層もかなり高齢者が増えました。

 

ネットの記事で最近のホルコン設定では
女性の方が出やすい設定になっているそうです

 

しかも高齢女性の方が出やすいそうです
台の上に設置してあるカメラは顔認証はもちろん体型で認識をしたり
そのユーザーの遊び方の癖や投資金額やどのくらい粘るのかなどを
分析してパソコンが自由自在に操ってるそうです

 

当然最初にホールの利益を確定させるわけですから残った数少ないお客で
還元される利益は奪い合っているわけです

 

常識的に考えれば勝てるわけがありません
こんな簡単なことが依存すると分からなくなるんです

 

正確に言えば分かっているけど止められないんです
それが依存症なのです
この連休を乗り切れば少し自信がつくような気がします