パチンコ依存性になりやすい性格

ただ今の時間は夕方の6時です
先ほどから雷がすごいことになっています
今日はとても忙しかったのでパチンコどころの騒ぎでは
もちろんありませんでしたしパチンコに行くこともありません

 

実際本当に少しパチンコに行かないということに慣れてきました
もちろんたった2週間ですからこれが本当にパチンコに行かないことへの
結果になるのかどうかはわかりません
依存症ですからちょっとしたきっかけでまたパチンコを
打てばまたパチンコにはまることでしょう
ただここ連日何度も言っていますが本当にお金が減らないって本当に幸せなんです

 

パチンコで勝ってまるで臨時収入のようにすまん入ってきたら嬉しいですよね
でもそんなことは滅多にありません
ここ数十年の自分のパチンコ経験から圧倒的に負ける確率の方が高いわけです

 

当たり前です

 

パチンコ屋は営利を目的としているわけですから勝たしてくれるわけがありません
そんなことわかってても止めれなかったからこんなことになってるわけです

 

パチンコに行って手持ちのお金を増やすというのは幻想です

 

僕は重度のパチンコ依存症です
でもたった2週間パチンコをやめてお金がお金が減らないことを
実感しただけでものすごく安らいでいます
以前ほど少し時間が空いたからパチンコに行こうという選択肢はなくなりました
自分がやるべき事を作って暇を作らなければギャンブルへの依存度は
少しずつ弱くなっていくのではないかと思います

 

今日は仕事で何件か電話でやり取りがありました
僕の性格は短気でカッとしやすいのが悪いところです
今日の電話でも相手の方が自分の言ってること理解していただけないと
イライラしてきて口調が荒くなり早口になります
決して相手の方が悪いわけではありません
自分のこの気の短い性格が災いしているのです

 

性格というのがパチンコの依存症に大きく影響しています

 

なかなか大当たりが来ない
イライラする
同じ台でずっと粘ってしまう
当然お金を使ってしまう
取り戻せないとわかっていても突っ込んでしまう

 

はまってる時にパチンコ台の前でハンドルを握っている僕は
すごい形相で打ってるんだと思います
楽しいはずのパチンコが自分にとってとても苦しくストレスしか
感じない行動にしかなっていないのです
パチンコやめるのはもちろんですがこのイライラする性格を止め
少しでも穏やかに行動していかないと
パチンコをやめることは多分できないと思います

 

生まれつきの性格だからとかしょうがないとかそんなことばかり言っていては
結局パチンコをやめることはできないんです

 

大きく深呼吸をして普段から人と喋る時も落ち着いて
穏やかに対応できるように心がけたいと思います

 

禁パチ16日目終了

 

今日もお金は減りませんでした