金銭感覚は普通ですか?

ただ今の時間は夜の9時です
仕事の帰りに奥さんを誘ってユニクロに行ってきました
ジーパンが破けてしまったので新しいジーパンを買いに行きました
割引があったので一本2000円程度で買えました
多少金銭感覚も戻ってきたようです
パチンコしてた時は2000円使うのも躊躇して
パチンコに使っていたものです
パチンコ依存者は服装にも気を遣わなくなると言われています
それは金銭感覚が狂ってしまいパチンコには平気で1万円を使えるのに
日常生活で必要なもの購入する際に
たとえ1000円でも惜しく感じてしまうのです
普通の人が昼食に800円の定食を食べるとしてパチンコ依存症なると
菓子パン一個で済ませてしまうんです
とにかくパチンコ以外でお金を使うのがもったいないんです
パチンコで負けた時あのお金があれば変えたのにとか後悔するのはこのためです
パチンコ依存症の人がパチンコやめるためにまず金銭感覚を
通常に戻すことを勧められます
メモ用紙に自分が今欲しいもの購入したいものをとにかく全て書き出します
そしてパチンコに行きたくなった時にはそのメモの中から一つ選んで購入すると
パチンコに行きたい気持ちがおさまるというものです
僕も実際したことあります
その時にはパチンコをしたい気持ちの方が強かったので結局ダメでした

 

今みたいに頭の中からパチンコは消えていれば
日常生活で普通にお金を使うことが抵抗がなくなります
この当たり前に金銭感覚を取り戻すとパチンコに数万円のお金を使うなんてことが
異常だということに気がつきます
ここに気が付くとパチンコに行こうという気がなくなっていきます
自分が今持っているお金を増やすことに
パチンコは適していないということに気が付くわけです
今のパチンコは1万円で下手すると30分しか遊べません
何も起こらなければ半日遊べば5万円程度のお金がなくなってしまいます
パチンコをしている時にはそれを取り戻そうとして深みにはまってしまいます
5万円あれば何ができるでしょう?
こう考えることができるようになるとここから離れることも時間の問題です
今日買ったジーパンも2000円です
パチンコに行ったら2000円は15分しか持ちません
ものとして残るということがいかにありがたいことか
ようやく気がついているわけです
長い時間このことに気がつかずかなりの時間を無駄にしてしまいましたが
例えこの後長生きできなくてもパチンコをしている時よりも
幸せに過ごすことができると思います
パチンコでお金を使うくらいなら家族に何か買ってあげてください
パチンコに勝って何かを買うのではなく俺が持ってるお金で
奥さんや子供に何か買ってあげてください
パチンコしなければそんな笑顔を見ることができるんですよ!

 

禁パチンコ26日目終了

 

今日はお金は2000円しか減りませんでした